保育園の給料が低い理由と待機児童が増える理由

最近あちこちで待機児童の問題が取りざたされています。

寮完備の求人情報をお教えします。

経済的な理由で働き続けなければいけない母親が多い事や、仕事の上で責任がある女性が増えていることで簡単に仕事を休むことが出来ない母親が増えたことで子供を預けなければいけない人が増えているのです。

その反面、保育園や保育所をなかなか増やすことが出来ないという実態も有り、子供を預けたくても預けることが出来ないという事になり、待機児童の問題が大きくなっているのです。
その問題の原因は一つではなく、様々な原因が複雑に入り混じっていると考えられます。


待機児童を減らすためには保育園を増やせば解決すると考えられますが、簡単には増やせないという理由があります。第一に保育園を新しく建設する際には近隣の理解が必要ですが、この近隣の理解が得られないケースが非常に多いのです。

子供が集まると騒音が気になるという理由で近隣から拒否されることが多いのが一つの理由です。

もう一つは、保育士が集まらないことです。

その大きな理由が保育園の給料が安いためです。


仕事の内容に比べてその水準が非常に低く、生活をしていくのに十分なお金を得ることが出来ないため、保育士になる人が少ないという実態があるのです。
待機児童の問題とこの給料の問題は一見異なる問題と思われがちですが、実は密接に関係しているものです。

まったく新しいチャイルドマインダーの資格に出会えて満足です。

保育士の給料が安い理由は保育士の仕事が高い利益が得られる仕事ではなく国や地方自治体からの支援を元にしていることからそのお金が足りないこと、そしてその中で運営を行わなければいけない園の側としては保育士の給料を下げなければ運営ができないことに大きな問題があります。

又、その水準が平均的なものとして固定されてしまうため、民間の経済的に余裕のあるところであっても水準に合わせて給料の金額を決めているため水準が低くなっているのです。

その為、保育士として働くという人が少なく、保育園が運営できないことから待機児童が増えてしまうというのが大きな問題となっているのです。


また、待機児童が増えた原因は現代の労働環境の変化と生活環境の変化にあります。


古くは多くの家は3世代家族が多く、高齢者が子供の面倒を見てくれるというところが多かったものです。


しかし現代社会では仕事が都会に集中し高齢者と同居できないケースが増えたこと、さらには女性の社会進出が著しくなったことにより子育ての為に育児休暇を取得することが難しくなっている実態があります。近年は育児休暇が権利として与えられていますが、責任のある立場にいる人は休んだ時の影響が大きいためなかなか休むことが出来ないという実態があります。


その為子供を預けて働かなければいけないという事態があり、これが待機児童の問題を大きくする原因ともなっているのです。
保育士の仕事の待遇は業務内容に対して相応のものになっていないのが実態であり、その点を改善することが現状を改善するために必要な事であると考えられます。

保育士の就職にアクセスしてください。

関連リンク

  • 現在、保育という事が大きな問題となってきています。少子化が進み子供の数自体は減ってきていますが、保育の必要性は増大しているからです。...

  • 最近あちこちで待機児童の問題が取りざたされています。経済的な理由で働き続けなければいけない母親が多い事や、仕事の上で責任がある女性が増えていることで簡単に仕事を休むことが出来ない母親が増えたことで子供を預けなければいけない人が増えているのです。...