保育関連の求人について

昨今、地域によっては「保育園が足りない」と大変な騒ぎになっています。



この理由に関しては、「保育園が近くにあることで、お子さんが急に飛び出してきて、とても怖い目に遭ったことがある」という理由や、「引っ越してきて折角、静かなところに来れたのに、近くにお子さんがいては、声がうるさくて困ってしまう」といった悩みなどが押し寄せ、一度、開園した保育園も、このような形で閉じてしまった経緯もあります。



ただ、これは住民の方の意見も最もなところもあり、ママ友同士のいざこざの声が聞こえる、と言った苦情や、ママ友同士のトラブルなどやマナーのなさから、敷地内に勝手に入り込まれてしまい、注意をしたところ、逆切れされてしまった、といった現在のモンスターペアレントなどの問題、またマナー意識の低レベル、などが問題となり、お子さんに罪などがなくても、このような状況に陥ってしまっているということがあります。

また、保育園の求人に関しては、このような上記のクレームが絶えることがない地域もあるため、もちろん、20代などの若い先生も募集をされますが、同時に、このようなママ友さんたちからのクレームにうつ病となってしまい、そのまま離職をされてしまう若い先生も、地域によっては非常に多いです。



このようなことから、求人としては、年齢は問わず、しっかりと免許を持っている方であれば、40代でも50代でも採用する、という傾向があり、実際に求人広告が掲載されています。

また、このようなクレームは、昔はなかったものの、ベテランの先生、園長先生クラスになると、クレームになる前や、クレームになった後でも、しっかりと親御さんと対応が出来うため、クレームなどがおさまるなどの経緯があることから、実際は、退職した先生に、再度雇用をお願いして、求人を依頼することもあるのです。

昨今は、中学校での陰湿な苛め、また小学校での陰湿な苛めなどが問題になっていますが、これはどんどんと低年齢化し、保育園でもこのような問題が起きつつある、とされています。理由に関しては、不景気のあまりに格差が出来あがってしまい、また同時に、そのような格差の嫉妬から喧嘩などが起こるケースと、親御さんでも積極的に親ばかになってしまうあまりに、喧嘩を頻繁に起こしてしまう方が急激に増加したからだとも分析されています。
そのため、このように、求人に関しては、通常の企業などであれば、20代または35歳までの方、そして遅くとも40歳までの方を営業仕事以外では募集していますが、このような事情から、退職をされた方にも、依頼が行くなどの現状となっており、日本人の仕事のマナーと、若い人たちの働きづらさとクレームの多さが連動し、とても難しい問題となっています。


ちなみに、募集そのものは、市町村などのHPなどに記載がある他、あまりにも離職率が高い園などに関しては、ハローワークなどにも掲示の依頼が殺到しています。

関連リンク

  • 探偵が保育園の保育士補助に転職すると、収入が安定、頼りにされる、やりがいがあるなどの長所があります。探偵業はお客がやってくれば収入になりますが、依頼は景気に左右されるため、景気が悪いと依頼が減ります。...

  • 主婦が保育士補助として求人に採用されると、家族が応援する、即戦力として活躍可能、頼りにされるなどの長所が期待できます。家族に保育士補助の求人に応募したと話せば、初めはびっくりしますが、応援してくれると想定されます。...