転職で失敗しない為の理由とは

例えば、新卒で採用試験を受ける時には「なぜ当社を希望したのか」という問いに対しての答えは難しくありません。
自分が目指している将来の自分と、その環境を得るために必要な現状を説明し、「この会社でなければその希望を叶えられることが出来ない」という説明が出来れば採用してもらえる可能性は十分にあります。しかし、「転職」となれば話は別で、それ以外に「なぜ以前の仕事を辞めた(辞める)のか」という説明を求められます。
人によって理由は様々で、環境になじめなかった人や環境に満足出来なかった人など色々な状況を経て「仕事を変える」という決断に至っています。
しかし、それは基本的に「働く側(雇用される側)の意見」であり、雇用する側の意図を一方的に無視して勝手な理由を付けているだけと言う場合が非常に多くみられます。
雇用される側同士の会話であれば、お互いに同じような感情を持っていることが少なくないので理解を得られることも多いかもしれませんが、相手が雇用する側の場合は同じように理解を得られるとは限りません。

むしろ、その多くは「勝手な行動だ」と見なされてしまうことになり、採用面接において良い印象を与えられない可能性が高くなります。
その為、転職をするに当たっては「明らかな正当性を主張できる理由」を準備することが必要です。


それ如何によっては成否が左右されてしまうことも少なくないので、出来る限りの時間と労力を注ぎ込んで理由を作る必要があります。



では、具体的にどのような理由ならば通用するのかと言うと、「改善を試みたがその可能性が見つけられない」と言ったものです。


例えば、「もっと収入を増やしたい」という希望を持っている人の場合、以前の環境で収入アップに向けてどのような試みをし、その結果がどうだったのかという流れの中で自身の正当性を認めてもらうことが必要です。



ただ単に「毎日まじめに仕事をしたが評価されなかった」という理由ではなく、「部署内1位の成績を出したが何の変化も見られなかった」と言った明確な理由が必要です。



また、それだけではなく「具体的に給与アップの交渉をしたが実現しなかった」と言ったアクションを起こすことも必要です。

間違っても、「自分は頑張っているのに評価してもらえない」などとアピールしてしまうと、ほとんどの面接で悪い印象を与えることになるので注意しましょう。転職試験とは、少なくとも多少の社会人経験を経てきた人を対象に行われます。

確かに、基本的には雇用される側の都合しか考えないで生涯を過ごしていく人も多いのですが、あくまでも「この人材を欲しいと思わせること」が目的である以上、雇用される側の意見だけでなく雇用する側の意見についても考えることが必要です。そうすることが出来れば、「キャリアアップを目指して上司に進言したが、『うちは年功序列だ』と言われて可能性が失われてしまった」という理由を基に、「より高いハードルを与えてくれるであろう御社で必ず活躍し、自身と会社の双方に大きなメリットを生み出して見せる」と言ったアピールが出来る様になります。

関連リンク

  • 料理人が保育園の保育士補助に転職すると、家族がびっくりする、頼りにされる、前職より楽という長所があります。料理人が職を辞し、保育園の保育士補助に転職したいと家族に話すと、驚くと想定されます。...

  • 飲食業界内で転職をする場合、「どのような目的で行うのか」と言うことを明確にしておくことが必要です。そもそも飲食業界だからと言う訳ではありませんが、明確な目的を持たずに行ってしまうと「長く続かない人物」「信用が置けない人物」と言ったネガティブな印象を持たれやすくなってしまいます。...