料理人が保育園の保育士補助に転職する長所と短所

料理人が保育園の保育士補助に転職すると、家族がびっくりする、頼りにされる、前職より楽という長所があります。
料理人が職を辞し、保育園の保育士補助に転職したいと家族に話すと、驚くと想定されます。
給与面で言えば安定的に働くことができている、料理人としての職業のほうが上なため、家族が驚くのも不思議ではないです。

履歴書の書き方に関するお役立ちコンテンツ満載です。

ただ、自身の将来のことを真剣に考えている場合は、家族は何も言えなくなります。面接を受けた時に職歴について話すと、即採用されると思われます。

料理人としての職歴は、保育園でも十分通用するため、即戦力として期待されることになります。

添乗員の求人情報をピックアップしたサイトです。

採用された時は、仕事を開始する前に園児達や保育士達の前で自己紹介をします。

自身の名前と、転職前の職業についてのことをわかりやすく述べれば終わりです。ただ、料理人という名前を聞くと、園児達がざわめく可能性が高いです。

静かに聞くようにと保育士達が言うので、思わず笑ってしまうかもしれないです。次に台所へと案内されるので、台所をメインに活動を始めます。

その日のお昼に出される料理は、料理人が作った手の込んだ物なので園児達は大喜びで平らげます。
料理人は台所から園児達を見ることになりますが、園児達が喜んで食べる姿は、見ている自然と涙が出てくるはずです。

そして、徐々にですが頼りにされていきます。

料理人として活動していた時期は、午前10時から午後2時と午後5時から午後10時が勤務時間で、残業がある時はさらに数時間増えます。

保育士補助の仕事は午前8時から午後5時の間なので、中抜きの時間がないことから、前職より楽と考えてもおかしくないです。
子供の反応を見る必要はありますが、お客へ対応していた時よりも緊張感を感じなくて済むのも良い部分です。

短所は給料が以前よりも下がってしまう、顔が怖いと言われる、コックの姿をしながら散歩は恥ずかしいなどです。料理人だった頃に比べると下がってしまいますが、働きぶりを認められれば時給が上がっていきます。
それに、料理という誰よりも優れた技術があるため、何らかの手当をつけてもらえる可能性が高いです。

なので、給料面は問題ないと言えます。
また、顔が怖いと言われてしまった際は、気分が落ち込んでしまうかもしれません。


料理人という職業は、お客を満足させるのが目的なので、顔が常に緊張のような状態になっていても不思議ではないです。

こちらの保育士の転職情報選びはインターネットで行う時代です。

対策としては、鏡の前で顔を動かして笑う練習をする、面白い漫画やアニメを見る習慣をつけるなどが挙げられます。鏡の前で笑う練習は、保育園で行うと園児が見たら怖がられてしまうため、家の洗面所でしたほうがいいです。

漫画やアニメは、やや古い作品になりますが図書館に行けば無料で利用できます。

あと、コックの姿をしている状態の時は、園児達と外の散歩はしないほうがいいです。


おそらくですが、園児達や保育士達に笑われてしまう可能性が高いので注意です。

関連リンク

  • 主婦が保育士補助として求人に採用されると、家族が応援する、即戦力として活躍可能、頼りにされるなどの長所が期待できます。家族に保育士補助の求人に応募したと話せば、初めはびっくりしますが、応援してくれると想定されます。...

  • 現在、保育という事が大きな問題となってきています。少子化が進み子供の数自体は減ってきていますが、保育の必要性は増大しているからです。...