探偵が保育園の保育士補助に転職する長所と短所

探偵が保育園の保育士補助に転職すると、収入が安定、頼りにされる、やりがいがあるなどの長所があります。


探偵業はお客がやってくれば収入になりますが、依頼は景気に左右されるため、景気が悪いと依頼が減ります。
ですが、保育士補助に転職すると、景気に左右されることなく安定的な収入が得られます。
仕事ぶりが認められれば昇給もあるので、転職して良かったと感じる可能性が高いです。

また、探偵の経験を生かして園児達の姿を見張っていると、次第に頼もしいと思われるようになります。
例えば、園児達と外を散歩する時は周囲の車だけでなく、怪しい人がいるかのチェックもする必要があります。

その時は以前働いていた時の能力を発揮して、園児達が安全に歩けるように見張ることが可能です。それに、視力も良いので園児達が後ろ向きで歩いていた時は、いち早く保育士に知らせることができます。
あと、保育園で働くことは、地域の人々の子育てを助けることになります。

なので、時間が経つとやりがいを感じるようになるはずです。
園児達が慣れてくると、さようならと笑顔で言ってくれるようになるので、その時は感激して涙が出るかもしれないです。


泣いてしまった時は頬に涙の跡がつくので、洗面所で顔を洗ったほうが無難です。
ただ、園長や保育士達にもその気持ちは伝わるので大丈夫です。



短所は園児に目つきが鋭く笑わない人と言われる、腰痛が発生しやすい、園児の親からの相談が増加などです。
探偵は浮気調査や誰かを尾行する機会が多かったことから、瞬きをあまりしない習慣が身につきやすいです。

そのため、自然と目つきが厳しく険しい顔立ちになっていきます。
園児が不安に感じてしまうのも無理もない話です。

対策としては、瞬きをする回数を増やす、普段から笑うようにするなどが挙げられます。



瞬きの回数が増加すれば、目の辺りの筋肉が緩んでくるので、目つきが徐々に柔らかくなります。


視力が低下していた時は、目の調子も良くなるため、視力を回復させるきっかけにも効果的です。笑うようにするには、面白い漫画やアニメを見ると対策につながります。



また、園児を抱き起す機会が多いため、腰痛を引き起こしやすいです。園児は成長期なので、体重が増加傾向なことから、持ち上げると重いと感じるはずです。腰にバンドを巻いて仕事をするようにすれば腰痛に対応できます。
あるいは、保育園から家に帰ってきた時は、入浴をして疲れを癒すと想定されます。
入浴後に腰に湿布を貼るようにすれば、朝には痛みが消えているはずです。
仕事中に湿布を貼っていると、独特な香りがすることから、園児や同僚達に指摘されるので張らないほうが無難です。

あと、園児の親達が転職前が探偵だったことを知ると、園児の親が悩みを相談してくることがあります。

園児の前で聞くと教育によくないので、別室で話を聞きましょう。


保育士補助の仕事があるため、尾行する必要がある話だった時は断ったほうがいいです。

関連リンク

  • 料理人が保育園の保育士補助に転職すると、家族がびっくりする、頼りにされる、前職より楽という長所があります。料理人が職を辞し、保育園の保育士補助に転職したいと家族に話すと、驚くと想定されます。...

  • 近年、日本では少子高齢化が進んでいます。そのため日本国内ではこの少子化の問題を解決することが重要な課題だと考えられています。...