主婦が保育士補助として求人に採用される長所と短所

主婦が保育士補助として求人に採用されると、家族が応援する、即戦力として活躍可能、頼りにされるなどの長所が期待できます。

家族に保育士補助の求人に応募したと話せば、初めはびっくりしますが、応援してくれると想定されます。

子育て期間中は応募は難しいですが、子育てが一段落したのであれば問題なく働くことができます。採用条件や勤務時間、または給与についても相談してくるので、求人票に書いてあることを適切に話せば家族も安堵してくれます。

自動車を所持していない時は、夫が朝晩に送迎してくれることもあります。

面接時に主婦だったことを話せば、面接官は即採用してくれる可能性が高いです。
主婦の仕事は保育園の仕事と通じる部分があるため、即戦力として活躍してくれると面接官が考えてもおかしくないです。
そして、採用されると朝の朝礼で、園児達の前で紹介をすることになります。

主婦として子育てと家庭を守るため、日夜頑張っていたと話せば周囲は納得してくれます。
この時は、園児達の衣服の所に名札がついているのが見えるはずです。


何人かの名前を憶えておけば後々仕事の役に立ちます。


自己表現の激しい子は、すぐに動いて何らかの自己アピールをするため、覚えやすいのが特徴です。逆に大人しい性格であまり喋らない子は、周囲の輪に溶け込めないこともありますが、芯の強い子が多いので問題ないです。

働く内容は園児達の食事の調理補助、遊んでいる時の見張りと外へ散歩する時の補助などです。



特に食事の調理補助は、子供のために料理を作った経験が豊富なことから、大きな戦力として期待されます。



室内や外で遊んでいる時は、転んでしまうことが結構多いです。

その場合は、園児を外の水飲み場に連れていき、怪我をした箇所をよく洗います。


次に園長室や医務室に連れていき、消毒をしてから軟膏を塗って絆創膏をします。消毒は最初は染みますが、我慢して泣かなかったら褒めてあげるといいです。



外で散歩をする時は、園児が道路の白い線から出ないように、注意深く見守る必要があります。


線から出たら急いで園児を内側に移動させましょう。
短所は背が低いと園児に言われてしまう、最初は給料が低い、園児の名前を覚えるのが難しいなどです。主婦の背が低い際は、園児達にからかわれる場合があります。

ただ、嘘泣きをして見せたりすると、園児達が悪いことをしたと認識してくれます。そして、相手が嫌がることを言わないようになるきっかけになります。また、採用された直後は時給が低いのが一般的です。戦力として活躍できるようになると、時給は徐々に上がっていくので大丈夫です。数年我慢して働き続ければ、高給になっている可能性もあります。


あと、全ての園児の名前を覚える方法は、園長に聞くと解決します。おそらくですが、園長は園児達の性格や行動の仕方などで名前を覚えていると思われます。


なので、真似をして覚える努力をしてみるのも悪くないです。

関連リンク

  • 元経験者が保育士の求人に応募すると即採用率が高い、頼りにされる、給料の上昇速度がすごいなどの長所があります。保育士の求人に応募して面接に行くと、離職した理由について聞いてくると想定されます。...

  • 現在、保育という事が大きな問題となってきています。少子化が進み子供の数自体は減ってきていますが、保育の必要性は増大しているからです。...